LINK
今日は為替というものの基本要因に関する説明をしたいと思います。為替相場を簡潔に言うと「直に金の送らない場合でも金銭の受け渡しの目標を果たす取引」を言います。概ね為替取引とは主に国際為替について言うケースが大半です。外国為替は二国間のお金の取り替えをする事です。外国へ旅行(イギリス、台湾、タイ、)を以前にしていれば、たぶん外国為替の経験をしたことがあると思います。銀行の窓口にて旅行先の金銭に取り替えをするのは、外国の為替になります。為替の相場は買おうと思っている人と売ろうと思っている人の価格を意味するものです。銀行と銀行のやり取りによって確定するものです。そこはマーケットメイカーと俗にいう指定された複数の銀行です。為替レートは周りからの働きを受けても休まずにいつでも変化します。相場を変化させて行く原因になるのはファンダメンタルズというのが言われます。ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済状況、経済の土台やいろいろな要因のことを指します。その国の経済の拡大や景気の状況、物価の変動、通貨政策、外国取引の収支、失業者数、重要人物の発言と言ったことが作用して相場は変化して行きます。ひときわ国際収支と無就業者数は影響が大きいと思います。国際収支は、日本では省庁(外務省)の言いつけで日本銀行が通関統計を利用してまとめた外国とのある時期の売買を残したものです。経常収支は中央官庁や中央銀行のHPの中で確認できます。就職者の統計・失業率も影響を与える原因であります。ことに米国の就職者の統計は影響します。月ごとに提示され、調査の対象がワイドなところがポイントです。為替の相場の動きは国の経済の動きを指しているので。その国の経済の状況を把握することで為替のレートの推移推測が可能と言えます。