LINK

普通のはじめたばかりの人向けの外為取引の本では、「損失が生じた場面ではナンピンして全体の平均の買い付け価格をコントロールする」等と記述されていると思いますが、正直それはかなりの落とし穴があります。湯快リゾートで5千円割引きできる裏技!2800円で宿泊できます

ナンピン買いのやり方に関して手短に記述します。任意整理の費用

仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。美味しい青汁

$買いということで、円安に推移するほど利益が出ますが逆に1ドルが95円まで円高ドル安に向ってしまったとします。アヤナス

この状況でポジションを維持し続けたら、マイナスをなくすためにはマイナス分円安に向う必要があります。キャッシング 在籍確認

誰もがみんな、マイナスは早く回復したいと思うでしょう。人生方向おんち

そのためはじめに取引したのと同じ分の$を、95円で買います。ボニック

そうすると、ポジション全体の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。

結果として、半分の幅で円安ドル高に進めば損を失くすことが出来ます。

この流れがナンピンの原理です。

このような、ナンピンの仕組みを知ると「納得だ」と考えるが市場はそう簡単に上手くはいきません。

そもそも、1ドル=95円以下にならないとは、誰にも分かるはずがありません。

もし、マーケットがかなりの円高トレンドだとしたら1ドル95円では止まることなく、更に一段の円高に進む可能性はあります。

仮に、97円50銭でナンピンをした時に1ドル95円まで円高ドル安になったとしたらナンピン買いした分にも、差損が生まれてしまいます。

この状況では、最初に保有したポジションとあわせてダブルで為替差損を被ることになる。

それゆえ、ナンピンは一筋縄でいきません。

ならば、相場が自分の筋書きとは反対の方向にどんどん向う場合、いかなる術で危険を軽減すればいいのだろうか。

そこで選択する方法は2つだけあります。

最初のひとつは覚悟を決めて、損切りをする事です。

もうひとつの方法としては、その段階で、自分か持っている買いポジションを縮小することによってもう一回為替相場がリカバリするのを何もしないで待機する事だけです。

だいぶ控えめな手法だと言う投資家もいるでしょう。

だけど、自分の買いポジションに為替差損が生まれた場合、一番適切な手段はそれ以外にはないです。

無論、理論としては、ナンピン買いをするという手法も効果的です。

だがしかしナンピン買いは、マイナスになっているにもかかわらずポジションを減少させるどころか遂にポジションを買い増していく方法です。

この考え方では、リスクを回避することなど到底やりようがないと考えるべきです。

ナンピンを続けられればいつかは勝てるかもしれない。

けれども、そうなる前にお金がショートしてしまいます。