免責不許可事由というものは破産手続きの申立人に対して、これらのリストに該当している人は借入金の免除は受理しませんという原則を示したものです。とうきのしずく 口コミ

端的に言えば返済が全く行き詰った方でも、これにあたる時には借入金の帳消しが受理してもらえないこともあるというわけです。アスロング 口コミ

ということで破産宣告を出して、免責を要する人にとっての最大の強敵がつまるところの「免責不許可事由」ということになるのです。フルアクレフ 口コミ

下記は主な不許可となる事項の概略です。ホワイトヴェール 日焼け止め

浪費やギャンブルなどで、極度に金銭を乱用したり莫大な借金を抱えたとき。ラクスラ

破産財団となるはずの信託財産を秘密にしたり意図的に破壊したり、債権を持つものに損害が出るように売り払ったとき。ストレピア 口コミ

破産財団の負担を偽って多くしたとき。ゼファルリン 口コミ

破産の責任を持つのに、そうした貸方に特別の有利となるものをもたらす目的で金銭を譲渡したり、弁済期前に借金を支払ったとき。エクスグラマー 楽天

ある時点で返済不可能な状況にもかかわらず、現状を偽り債権を持つものを安心させてさらに融資を求めたり、クレジットカードにより品物を買った場合。バルクオム 口コミ

虚偽の利権者の名簿を法廷に提示した場合。美容外科看護師転職

返済の免責の申し立てから過去7年間に債務免除を受理されていたとき。

破産法が要求する破産手続きした者に義務付けられた内容に反したとき。

上記8つの条件にあてはまらないことが免除の要件ですがこの8項目だけを見て実際的な事例を思い当てるのは一定の経験の蓄積がないようならハードルが高いのではないでしょうか。

それに加え、頭が痛いことに浪費やギャンブル「など」とあることでも分かりますがギャンブルといってもそもそも具体的な例の一つでしかなく、それ以外にも述べられていない条件がたくさんあるというわけです。

具体的に挙げられていないことは、個別の状況を述べていくと限界があり挙げられなくなるような場合や、過去に残る裁判の決定に基づく事例が考えられるため、ひとつひとつの例がこれに当たるのかどうかは一般の方にはちょっと見極めが難しいことが多いです。

いっぽうで、自分がその事由に当たっているなどと考えもしなかったような場合でもこの判断を一回出されてしまえばその決定が取り消されることはなく返済の責任が消えないだけでなく破産申告者としての不利益を7年という長期にわたり受け続けることになります。

だから、このぜひとも避けたい結果を回避するために、破産手続きを考えるステップにおいて少しでも不安に思う点や難しい点がある場合はどうぞ経験のある弁護士に声をかけてみることをお勧めします。