LINK

現実にパソコンの。http://webmania.to

前に座り、休むことなく上がったり下がったりしている為替レートを眺めていると、何やら注文をしなくてはいけない衝動に煽られる場合も少なくないだろう。

でも、あやふやな思いで取引することは決してしてはいけません。

ご存知の通り、外国為替市場は1日中どういう時でもいずれかで市場はやっているし、マーケットも常時変動している。

しかし、考え無しに注文を積んでいくとそれだけで損失が生じる危険が高くなってしまいます。

言うまでもなく、トレードの回数を積む事でじょじょに稼げる確率が五分五分になるのは事実。

でもその事実は「明確でないインスピレーションで取引」とは話が異なります。

売買回数を増やす事の意味は、自分が「ここは勝てる」と考える確信を持った場面でのエントリー回数を積むという事です。

ただ何となく、のべつ幕なし注文をするのとは明確に違います。

為替相場の駆け引きに立ち向かうためには自ら思案してけじめをつけることこそが大事です。

「ここで勝負」とよく考えた外国為替市場の時には、いっそのこと持っているポジションを多くして、覚悟を決めて利益を求めます。

「少し分からない外国為替相場でどう推移するのか考え付かないな」と感じたならばいっそのこと売買ポジションを見切りをつけて静観します。

これぐらいのリズムをつけた方が最終的には売り買いはうまくいくものだ。

相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

まさに言葉どおりだと感じます。

外国為替相場とは、何も常にポジションを所有する事が肝心な事ではなくポジションを所有せずじっと見ていることも事態によっては相場なのである。

それならば、いつ、休むといいのでしょうか。

最初に考えられるのが、前に述べたように、直近の相場展開が今ひとつよく見えない時。

これからどちらにいくのか決める事が出来ない時は分からないまま行動すると、あなたの思ったストーリーとは逆の方向に相場が動いてしまい損する事になってしまいます。

だから、こうした場面ではポジションを閉じ、何もしないで静観を決め込むのがいいでしょう。

2番目に、体の具合がすぐれない時。

体の調子と為替相場につながりがない考える投資家もいますが実は大きく関係がある。

コンディションがすぐれなければ、マーケットの失敗できない場面で、正確な決断が出来ない場合があります。

気分が進まない時は、マーケットから離れてみるのも重要な事です。